虐待再発防止への取り組み

堺あけぼの福祉会では、虐待事案の反省と教訓を踏まえ再発防止のため、以下の取り組みを行なっております。

共有部のカメラ設置

ショートステイ・グループホームでは居室への出入りがわかるように、廊下などの共有部にカメラを設置しています。

記録方法の見直しと同性介助の徹底

虐待事例の反省を踏まえ、詳細な時系列に沿った記録・複数名による居室への訪問、同性介助を徹底しております。

施設内研修の実施

堺あけぼの福祉会では、定期的に全職員参加による虐待防止研修を行なっています。